接客勉強会を開催しました

志な乃亭グループでは、「美味いもんグランプリ」と題した調理部門のコンテストと「接客勉強会」というおもてなし部門の勉強会を年に各1回、社員・PAさん交えて開催しています。

こちらでの紹介が遅くなりましたが、2015年11月15日(日)、志なのすけ 京橋店で接客勉強会を開催しました。

勉強会はいつも(1)実演 (2)ディスカッション の2部構成で行います。

今回実演の部では、志な乃亭グループの最重点商品である「お造り盛り合わせ」のおすすめトークを交えた、お客様とのファーストオーダー時のやりとりを、各店のPAリーダーが行いました。
鮮度バツグンの産直地魚を売りにしている志な乃亭グループですから、お造り盛り合わせはやっぱり一番に召し上がっていただきたいメニューです。素材の良さはもちろん、板前の包丁技術、盛り付けへのこだわり、テーブルに届いたときの華やぎ感など、お造り盛り合わせの持つ”価値”をたくさん伝えてほしい旨、社長から説明がありました。
実演の中で良いと思ったおすすめの仕方・仕草などは、参加者が皆しっかりとメモを取り、自分の店に持って帰ってスタッフと共有するようにしています。

続く2部では、
あ)お客様に「あ、感じ良いな」と感じていただける「あいさつ・声かけ・表情・動作・身だしなみ」ってどんなだろう?
い)忘年会シーズンを目前に控え、「忙しさは言い訳にならない!忘年会のお客様にこんなおもてなしをします!」の発表
う)今までにお客様に喜んでいただけたこと、逆に自分がお客様にかけてもらって嬉しかった言葉の発表
の内容で、参加者全員参加のディスカッションが行われました。

特に(う)の感動体験エピソードの発表では、

  • 「以前来店された際に聞いた食べ物の好みを覚えていて、今回も同じようにしたら喜んでもらえた」
  • 「バタバタで迷惑をかけてしまったが、がんばってたねと逆に励ましてもらえた」
  • 「会話が苦手だけれど”愛想がいいね”と言ってもらえたのでもっとがんばろうと思った」
  • 「バイトから社員になったとき、新しく白衣になったユニホームが似合うと言ってもらえて背筋がシャンとした」
  • 「あなたのスマイルを見たら元気になれるから会いに来たよ、と言ってもらえた」

など、聞いている側も幸せになれるたくさんのエピソードが紹介されました。
お客様に感動を体験していただくことは、巡り巡って自分たちも嬉しい気持ちになることにつながります。幸せになれた体験が多いほど、お客様に良い店だと感じてもらえるでしょうし、スタッフ自身も成長できると思います。

さて、忘年会シーズンも終わり1月になりました。
この勉強会で学んだことが各お店にフィードバックされ、感動を生むおもてなしができたかどうか、それは実際に忘年会で足を運んでいただいた皆さまの方がよくお感じになられているかもしれませんね。いかがだったでしょうか?
下のコメント欄からお寄せいただけると嬉しいです。

※写真がなくてごめんなさい!

  • follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.